1-1.半導体をわかりやすく

半導体をわかりやすく

そもそも半導体とはなんでしょうか。まず前提の確認ですが、物質は、電気を流すものと電気を流さないものに分かれます。前者を導体、後者を不導体と呼びましょう。

導体は電気を流す。(たとえば、銅。)

不導体→電気を流さない。(たとえば、ゴム。)

ここまでは日常の感覚でわかるかな?と思います。ただ、ひとつ例外があって、それが半導体です。

半導体→電気を流したり流さなかったりする

導体なら電気通すから電池にしようかな、ここ電気通されると困るから不導体使おうぜ、みたいなやりとりが想像できるのですが、半導体なんて、めんどくさそうなものは使い道ないよね?と普通の人なら思いそうなものです。しかし、ここは時の科学者が「せや!真空管コンピューターを半導体コンピューターにしたらええんや!」と気づき、そこに居合わせた軍人や商人が「そんなことできまんのか!儲かるやんけ!」とうなづいた瞬間、電子コンピューターがうぶ声をあげたんだから面白いものです。
(詳しくは導体と半導体へ)

真空管コンピューター

真空管コンピューター

昔のコンピューターは真空管だった。

昔、大阪大学の博物館で真空管のコンピューターを見たことがあります。アクセスは悪いものの、無料で誰でもはいれるのでお勧めなんですが、そこには、ものすごく大きな真空管が並んでいました。真空管の、その大きさにも関わらず、すぐに壊れてしまうので、真空管を交換するだけでも、金と時間が死ぬほどかかっていたらしいです。ここから100年もたたず、 いまのスマートフォンになったと考えると興味深いです。

導体と半導体。

さて、半導体の話に戻しましょう。条件によって電気を流したりさなかったりするのが半導体と述べました。手持ちにある半導体の本には、温度が高くなると電気を通し、低くなると通さない、みたいな説明がされていますが、いまいちピンとこないのは、生活になじみがないからかもしれません。個人的には太陽電池でイメージして理解しています。太陽電池って、太陽光が当たっている間は電気を通しますよね?反対に太陽光電池が当たっていないときは電気を通しません。 (ものすごい超解釈なような気がしてやみませんが、)そんな感じの物質を半導体と呼び、日常の中で使われているんだなぁ、という理解で、まずはどうでしょうか。(詳しくは導体と半導体へ)

“1-1.半導体をわかりやすく” への2件のコメント

  1. シリコンウェハーとは、なにか。 

    とありますが、読んでもシリコンウェハーがなんなのか わかりませんでした。
    シリコンウェハーそのものを理解したいです。

    シリコンウェハーとはなんですか?

    シリコンウェハーに回路を焼き付けると(配線すると)どうしてLSIになるのでしょうか?  

    View Comment
    1. 管理人です。
      シリコンウェハーとは、非常に純度の高いシリコンでできた円盤だ、ということまで理解しています。

      >>シリコンウェハーに回路を焼き付けると(配線すると)どうしてLSIになるのでしょうか?

      これはわかりません。(´・ω・`)

      お役に立てず申し訳ないです。

      View Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)